ひなまつりコラム♪知って得する桃の節句「ひなまつり」

しってる?ひなまつりの意味・いわれ

6345053月3日の桃の節句「ひな祭り」ですね。春の楽しいイベントのひとつ「おひなさま」は、聞いただけで女子はなにかワクワクしてしまいますよね。

その「ひな祭り」ですが、実は時代とともに意味合いや行事が変化していることをご存知ですか?元々は災い払いの行事として伝わってきたもので、女の子のお祭りだけという訳ではなかったんですよ。

 

今回は、いまさら聞けない「ひな祭り」のいわれや意味・あれこれについてお伝えしたいと思います。

もともとは災い除け。3月3日は3の重なる厄災の日だった?!

125722ひな祭りの元は中国の「上巳(じょうし)の節句」が伝わったもので、3月の最初の巳の日は忌日とされ邪気に見舞われやすい日とされていました。

旧暦の3月3日にあたり重三(ちょうさん)と言って3が重なって厄災があるとされ、その厄を紙で作った人形(ひとがた)に移して川に流したことが始まりとされています。

なるほど、今でも流しびなの風習が残っている地方もありますよね。

最初は特に女の子だけのお祭りというわけではなく、子供の災いの祓いの意味合いが大きかったということです。

 

加えて、貴族の女の子の遊びとしてお正月の人形遊び「雛遊び」「雛事」という今でいう「おままごと」のような遊びがありました。その遊びの人形には、子供のお守りや災いの身代わりとなるような意味合いがあったようです。

そのうちに、上巳節供には雛遊びが定番となり、この日が3月3日とされていました。

この辺りの春の伝統が一緒になり変化して女の子の節句と認識されていったようです。

ひな祭りの彩り。赤(ピンク)・白・緑。

122955ひな祭りでお供えされるものに、菱餅があります。この菱餅に表される3色は上から赤(ピンク)・白・緑の順番でならんでいます。

実はこれらも色合いにはちゃんと意味があります。

には、解毒作用があるくちなしの実

には免疫力を高めると言われている菱の実

には香りに厄除けがある言われ、また薬膳としても使用されるよもぎ

それぞれが春の色合いを連想させるだけでなく、それらを口にすることで健康を願うものなのでした。

 

ひな祭りで連想されることは何でしょう。

雛飾り・ぼんぼり・赤い毛氈・菱餅・桃の花・甘酒・ひなあられ・・・・

いろいろ思い浮かびますが、それらはもう祓いの意味というよりも、春を楽しむ意味合いの方が強いようです。

知っていますか?雛壇の飾り方

114219最近では、なかなか自宅に壇飾りを大きく飾ることも少なくなってきました。また、飾り方の意味を目にすることもあまりないかもしれませんね。せっかくの節句ですから、飾り方は覚えておいて損はありません。

壇飾りは奇数にするのが習わしです。

それではもしも7段飾りを飾るとします。その場合、どの順番で飾るのでしょうか。

基本的には、途中でお道具を落としたりしても、他にあまり影響がないように、「上から順に半分づつ」飾っていきます。

まず左側半分を上(お内裏様)から三人官女の半分(1体か2体)へと順にならべて下壇のお道具までいったら今度は右半分の上から下の壇へと移動していきます。

一列全部を一度に並べようとすると手を伸ばすことになり、先に飾り終えたものに触れてしまったりして思わぬ失敗をすることがあります。そういう失敗をしない様に無理なく左右に分けて並べるのが賢明でしょう。

片付ける時にはこの作業を逆に辿っていくと失敗が少ないですよ。

男雛と女雛。どちらが左で、どちらが右?

634505雛飾りの一番上はもちろん男雛と女雛が並び、背面には屏風を飾ります。

男雛と女雛、どちらが左でどちらが右か‥‥。

雛飾りで悩ましいのがお内裏様の女雛と男雛を左右どちらに据えるかですね。

本来日本の宮中では諸事が陰陽説に基づいて執り行われていました。行事を執り行う場合、天皇は北を背に南を向くこととされていました。陰陽説によると、男性が陽、女性が陰とされており、北を背に南を向いて配される時、太陽が昇る東が陽で男性、西側が陰で女性とされていましたので、男雛が左で女雛が右(壇に向かって右が男雛です)が正式とされていました。

西欧では男性が女性を守るために、右手が自由になるように自分の左に女性を伴うのが慣習となっており、明治以降は日本の皇室でもこの西欧の慣習に習って男性が向かって左、女性が向かって右と改められたようです。

そこで、それ以降お雛様も向かって右に女雛、左に男雛というのが定着しました。

結婚披露宴の席を想い出してください。お嫁さんが向かって右ですよね。

但し、京都などでは古くからの慣習を守っている場合もありますから、その地域の伝統を重んじて飾るのが一番いいと言えるでしょう。

 

先日ひな人形の製作で有名な鴻巣へ行った折、古いひな人形を展示している人形店を見学したところ、古いお雛様は向かって右に男雛が飾られ、昭和以降のお雛様は向かって左に男雛が飾られていました。専門店でこのように飾ってありましたので、どちらでも「正解」と思って宜しいかと思います。

 

ところが、お内裏様以外は昔からの伝統のままで、左(向かって右)が「格上」となります。何故かというと、他のものはお内裏様から見て左が陽(格上)だからです。

 

ですから左近の桜・右近の橘はこちらから向かって右が左近で左が右近というわけです。

段飾りでなく、女雛と男雛だけでコンパクトに飾る場合でもこの基本を想い出して飾るといいですよ。

 

ひな祭りには欠かせない、ひなあられ・金可華(花)糖

372124さて、お雛様が並んだら菱餅、甘酒、ひなあられ、なにか一つでも用意したいですね。

一番ひな祭りを実感できるのは「ひなあられ」でしょうか。

ひなあられにはお米を煎った爆米タイプとお餅を風船状に焼き上げたタイプがあることはよく知られていますね。「みなとや」ではお餅から作るタイプの自家製ひなあられが人気です。

 

また「みなとや」の本店舗では「金華糖(金花糖)」のお取り扱いもございます。「あられ」と合わせて「金華糖(金花糖)」を用意すれば伝統を身近に感じられて、いつもの「ひな祭り」が特別なものになります。

金華糖(金花糖)は煮溶かした砂糖を型に流し込み固めたもので、鯛や蛤・海老・筍・桃などの形にして着色された江戸時代発祥の伝統菓子です。(もちろん着色料は安全な物が使われていますよ)

 

風船タイプとこめタイプの両方の「ひなあられ」が楽しめます。みなとや特製「ひなあられ(まぜタイプ)」

ひなあられ まぜ販売価格:380円(税込)

伝統的な手作り製法で今も作り続けているみなとやの「ひなあられ」です。

手切りで餅を裁断してひなあられの生地をつくります。

砂糖を絡める作業も職人の技が光ります。

風船タイプとこめタイプをバランスよく混ぜたみなとやのひなあられ(まぜ)で華やかなひなまつりの一時をお迎えくださいませ。

ご購入はこちら

 

伝統製法のひなあられイベント用ひなあられ 一般向け

イベント用ひなあられ 一般向け販売価格:215円(税込)

伝統的な手作り製法で今も作り続けているみなとやの「ひなあられ」をイベント向けに小分けにしました。

風船タイプとこめタイプをバランスよく混ぜた「まぜ」ひなあられです。

結婚式のプチギフトやひなまつりイベントでのお土産にご好評を頂いております。<一般のお客様の場合は215円・40袋以上で対応しております。>

 

ご購入はこちら

 

伝統製法のひなあられイベント用ひなあられ 教育関係向け

イベント用ひなあられ 教育関係向け販売価格:165円(税込)

【学校・幼稚園・保育園・教育関係施設でひな祭りの企画をされているご担当者様向け商品】

ひなまつりのイベントで配布用の「ひなあられ」です。一口サイズの小分け袋で本物のひなあられを子供達に伝えたいという団体様から非常にご好評を頂いております。

*本物のひなあられを子供達に食べてもらいたいという思いから教育団体関係は割安にてご対応しております。

ご購入はこちら

ひなあられ

伝統製法を今でも受け継ぐみなとやのひなあられ。
お買い物や詳しい作り方などはこちらの特集ページでご案内しております。