• みなとやの菓子づくり
  • 定番煎餅・豆
  • ありがとう菓子
  • プチギフト
  • オリジナルメッセージ
  • 季節行事のお菓子

HOME > 季節商品 > 父の日

父の日

父の日に心のこもった贈り物を 普段なかなか言えない「ありがとう」の言葉 父の日に感謝の気持ちをこめたお菓子のプレゼント 父の日に感謝の気持ちを

父の日にこんなお悩みはありませんか?

  • 毎年何を送ったらいいのかわからない・・・
  • 照れくさくて言葉ではありがとうが言いにくい・・・
  • お父さんが喜んでくれるか心配・・・
  • 感謝の気持ちが伝わるものって・・・

など、父の日に贈り物といっても、中々悩んでしまうことが多々あります。

みなとやの商品がお悩み解決!

当店では普段なかなか伝えられないお父さんへの感謝の気持ちを伝えるのに最適なお菓子が取り揃えてございます。
おせんべい等に「ありがとう」の文字がプリントされているので言葉にして言えない気持ちを代弁してくれます。
「ありがとう」のお菓子たちにお父さんもきっと喜ぶはず。
父の日のプレゼントに人気です。

活用事例

  • 実家のお父さんへのプレゼントに。
  • 義理のお義父さんへのプレゼントに。

お客様の声


  • みなとやさんへ
    なんとなく口に出して言えなくても、お煎餅に「ありがとう」という文字が書かれているので、「はい」って渡すだけで気持ちが伝わりました。
    家族全員がお煎餅大好きなので、母にプレゼントだったのですが、みんなでワイワイ盛り上がりました(笑)
    でも、そんな時間が親孝行だと思いました。

  • 自宅PCでは間に合わないと思いスマホで注文しました。
    発送の確認等は自宅メールを登録しましたので、帰宅してゆっくり見ました。予定通り配送され支払いをすませることができました。
    迅速な対応ありがとうございました。

おすすめ商品はこちら

3 件中 1-3 件表示 

ありがとうのお菓子詰め合わせ(和風)

ありがとうのお菓子詰め合わせ!ギフトセットありがとうがいっぱい(和風)

のし対応

販売価格:3,100円(税込)

「ありがとう」の文字入りお菓子の和風詰め合わせです。ありがとう煎餅(せんべい)とありがとう飴とハートのあられの詰め合わせです。

ありがとうのお菓子詰め合わせ(洋風)

ありがとうのお菓子詰め合わせギフトセット!ありがとうがいっぱい(洋風)

のし対応

販売価格:3,100円(税込)

「ありがとう」の文字入りお菓子の洋風詰め合わせ(ギフトボックス)です。ありがとうクッキーありがとう・ゴーフレット・ありがとうキャンディの詰めあわせです。

ありがとうのお菓子詰め合わせ(特大)

ありがとうのお菓子詰め合わせ!ありがとうがいっぱい(特大)

のし対応

販売価格:4,800円(税込)

「ありがとう」の文字入りお菓子の和洋折衷の詰め合わせ(ギフトボックス)です。ありがとう煎餅・ありがとうクッキーありがとう・ゴーフレット・ありがとうキャンディの詰めあわせです。



3 件中 1-3 件表示 

●ご希望の方には心を込めて女将が手書きをした特別な熨斗をお付けします●

女将が手書きで一枚一枚心を込めて季節の絵柄と父の日のメッセージをお書き致します。左の写真はあくまでもイメージです。

【重要】オーダー方法
買い物かごの最後の方にあります備考欄に『父の日の特別熨斗』を希望とご記入ください。特別な文章を入れてほしい場合はその旨ご記入ください。*この父の日の特別熨斗希望と御記入がないとのしは無しで出荷することになるので御注意ください!

マスコミにも取り上げられています!

雑誌(DiscoverJapan、OZplus、LEON、monoなど)
書籍(手みやげガイド、東京老舗の手みやげ、甘く、かわいく、おいしいお菓子など)
テレビ(日本テレビ「スッキリ!」、テレビ大阪「和風総本家」など)
ラジオ(ラジオ日本HOTLINE、ニッポン放送 「テリー伊藤のってけラジオ 」など)でご紹介いただきました 。

父の日の豆知識

父の日はいつなの?

毎年6月の第3日曜日が父の日です。

父の日のはじまりは?

父の日はアメリカ発祥の記念日です。南北戦争頃。夫を召集されて6人の子を一人で育てていた母親が父の復員後に過労で亡くなり、男手ひとつで子育てに奮闘した父もまた、子らの成人を見届けるとこの世を去ってしまいます。そこで、この父に対して「母の日があるなら父に感謝する日も作りましょう」と願い出て、1910年6月19日に最初の祝典を実現させたのが由来といわれております。ちなみに、父の日の日付も世界各国でバラバラです。

母の日がカーネーションだけど父の日は?

父の日のお花の贈り物はバラらしいです。バラの色は、存命する父がいれば赤、亡くなっていたら白という風に意味づけられているそうです。