職場体験2016夏が行われております

みなとやでは職場体験の受け入れを行っております。

と言っても一般のお客様からの依頼ではなく門前仲町の周辺にあります近隣の小学校・中学校・高校より依頼がある場合にのみ対応をしております。

この夏は臨海小学校・越中島小学校・深川三中からの職場体験を受け入れました。

wp-1467510715426.jpeg

臨海小学校

wp-1467510715420.jpeg

越中島小学校

kimg5724.jpg

深川三中

さて、職業体験って何するの?というお話ですが、イメージ的には商店街で行うキッザニアみたいなもんですね。

朝、開店と同時に受け入れをしまして。おせんべいや豆菓子を取り扱うので身だしなみのチェックからはいり。コロコロで体中のホコリやゴミ等をきれいに落とします。

その次にお店と作業場の清掃をしてもらっております。お客様に気持ちよくお買い物をして頂く為に毎日掃き掃除とモップ掃除をしております。

その後はお煎餅や豆菓子、その他のお菓子がお店の棚に十分並んでいるかのチェックをします。足りないお菓子があれば倉庫に行き街頭の商品を探して補充をするという作業を行います。

メインイベントその1は、おせんべいやお豆のお菓子を袋詰めする作業です。みなとやでは5階の工場でお煎餅を自家製しておりますのでダンボールや茶箱に裸のままいっぱい製造されてきます。そのお煎餅を一枚一枚の個包装の袋に手で詰め、熱圧着のシーラーで口留めをしたりします。

メインイベントその2は、レジの打ち方を教わって実際に接客をしてみるというものです。接客経験の無い子供たちがお買い物ごっこというと遊んでるっぽいですが体験として接客体験を行います。値段は覚えてないので当店のスタッフが横でサポートをしながらレジを打ち込み、お買い上げいただいた商品を袋にいれ、そして商品代気の受け渡しを行うという物です。

当店としてはあたりまえの日常をそのまんま体験いただいているだけなのですが、やはり子供たちにとっては非日常の刺激になる体験のようで将来お菓子屋さんをやりたいな!と思ってくれるようになってくれれば幸いです。

秋~冬にかけては深川二中や都立第三商業高校と職場体験の受け入れは続きますが、こういったことを通して地域活動に貢献できればうれしいなと思う今日この頃です。

関連記事