ありがとう菓子
即納対応商品

HOME > ありがとう菓子 > ありがとう緑茶(個包装袋)10袋入り

ありがとう緑茶

ありがとう緑茶(個包装袋)10袋入り

ありがとうのメッセージがパッケージにプリントされた緑茶のギフトです

ありがとう緑茶(10袋)

ありがとうの感謝の気持ちを込めたコーヒーギフトのプレゼント。
単なる緑茶のティーバッグのプレゼントではなく、「ありがとう」のあたたかい文字でホッとした幸せな気持ちもお届けすることができます。お届けした人がティーブレイクをとられる際には,あなたの事やありがとうの気持ちを思い出してくれる事間違いなしです。

『美味しい八女茶のプチギフト』
九州が誇る美味しい緑茶・八女茶の美味しい茶葉を4gとふんだんに利用しているので、通常利用のティーバックでは出せない味わいが楽しめます。
パッケージの表面には筆文字の「ありがとう」以外にも多くの言語で「ありがとう」を意味する言葉が掲載されております。

みなとやのこだわりポイント!

女流書家・こばやし

心を込めて「ありがとう」の文字を書いてもらった書家のご紹介です。

出来合いのデザインを利用したのではなく気合の入った「ありがとう」の文字なので、この想い、渡す相手に伝わること間違いなし!

こばやし鷺游(こばやしろゆう)
女流書家。日常生活の中で息づくほんのり小粋なインテリアアートとしての書道作品の創作を中心に活動。
記念日・ブライダル向けの各種書作品、筆文字ロゴデザインなど。 銀座・横浜・大阪・姫路で個展、横浜にて書道教室、フランスでのワークショップ開催。
1998年全国公募東京書作展にて内閣総理大臣賞。現同展審査会員。
[こばやし鷺游WEBSITE] http://www.royu-k.com


パッケージにもこだわりました

緑茶をイメージした黄色と緑のパッケージにありがとうのメッセージがプリントされた緑茶ギフトです。 英語のありがとうだけではなく13言語のありがとうの文字もプリントされています。


ありがとう緑茶

中の緑茶は八女茶の業界で老舗の木屋芳友園さんのお品物です

<八女茶のプチギフトが喜ばれる3つのポイント>

① 4gたっぷりの茶葉がパッケージ仕様
②各国のありがとうの文字情報が一同に!
③パッケージデザインもプロのイラストレーターの作品。14言語のありがとうがプリントされているので全世界の多くの方へ気持ちが伝わります。


10袋入りを透明の袋に入れてお届けします

個包装された「ありがとう緑茶」10袋を1つの単位でおまとめしてお送り致します。こちらから取り出して1袋づつお使いするのを想定しておりますので、こちらを更に包装やラッピングすることは承っておりません。悪しからずご了承くださいませ。


ありがとう緑茶サイズ比較
ありがとう緑茶裏面
ありがとう緑茶手渡しのイメージ

ありがとう緑茶(個包装袋)10袋入り

商品番号 ari-tea-10k

販売価格:1,300円(税込)

[13ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品名ありがとう緑茶(個包装袋)10袋入り
原材料緑茶(国産)
賞味期限数か月ございます
内容量一袋4g入り × 10袋
保存方法直射日光・高温多湿を避け保存して下さい。
アレルギー
商品サイズ約 20cm×12cm

*こちらの商品を包む包装や袋・のしはありませんので悪しからずご了承下さいませ。
*パッケージデザインは予告なく若干変更がありますので予めご了承下さいませ。

お客様の声

ありがとう飴お客様の声

ありがとう たった5文字の言葉だけどすごく深い言葉だと思います。人から借りてきたことばではどんなに長い文章でも相手に届かないけど、”ありがとう”で充分だと思います。一緒にいられたこと、けんかできたこと、泣いたこと、笑ったこと、仲直り出来たこと、仕事出来たこと、いろんな想い全てに”ありがとう”で会社を辞める時に渡しました。やっぱりみんなこんなのあるんだー、私も何かの時に使おーってすごく好評でした。ありがうございました。

マスコミに掲載されました!

みなとやが紹介されたイメージ

みなとやではテレビや雑誌等でご紹介されていますので安心してお買い物が出来ます。

<代表的なテレビ・ラジオ取材>

  • 日テレ「スッキリ」でミラジョボビッチさんとウェンツさんが手焼きせんべいを体験されました。
  • テレビ朝日「モーニングバード」で島谷ひとみさんがひなあられの製造工程を見学されました。
  • NHK「おはようニッポン」で伝統的なひなあられの製造方法が紹介されました。
  • テレビ東京「和風総本家」でひなあられの製造方法が紹介されました。
  • テレビ東京「仰天ニッポン滞在記」でバヌアツからのホームステイを受入れました。

<代表的な雑誌取材>

  • 『SOUP』にて溝端淳平さんが手焼きせんべい体験をされました。
  • 『OZplus』 ありがとうのお菓子が紹介されました。
  • 『ウェディングアイテム』 プチギフトのお菓子が紹介されました。
  • 鰹ャ学館 サライ別冊 『全国こだわりの豆菓子』に掲載
  • 昭文社 まっぷるマガジン 『歩く東京下町』に掲載
  • 『東京Walker』にて深川あさり煎餅・激辛煎餅が紹介されました。

こんな時にみなとやのお菓子が大活躍!