●産休の挨拶には食べやすい菓子がお勧め

産休の挨拶には食べやすい菓子がお勧め

結婚しても働く女性が増えてきている今、産休を何度か経験する方も多いでしょう。色々な会社がありますが、産休に入る時や産休から復帰する時は、みんなに喜んでもらえるような菓子を用意するのがお勧めです。産休の挨拶に用意する菓子で気を付けたいことは、食べやすいものであり日持ちするものであること。そして、個装されているものを選ぶことです。手や指が汚れるようなものや食べる時にあれこれ準備が必要になるようなものだと、業務に支障が出てくることも考えられるからです。産休の挨拶で、仕事の時間をとってしまうのも避けたいところ。このような理由から、食べやすい菓子が向いていると言えます。

また、冷蔵庫などで保管が必要になるものも、どうしても手間暇かけてしまいがちです。ですから、産休の挨拶には常温で保管できる菓子の方が安心です。菓子の好みは人それぞれですから、中には甘いものをあまり好まない方もいるかもしれません。この場合は、せんべいのようなさっぱりとしていてどなたにもお勧めできる菓子の方が安心かもしれません。

但し注意したいことがあります。おやつの菓子を用意するのが目的ではなく、産休の挨拶が目的ですから、どこでも手軽に購入できるような菓子はできれば避けたいところ。見栄えのするしっかりとしたものを選ぶ方が、あなたの印象も良くなるのではないでしょうか?どのような菓子を選ぶ場合も、ギフトセットや箱入りなどを選んだ方が良いと言えるでしょう。

産休の挨拶の菓子を配る際に注意したいこと

産休に入る方は、挨拶の際に菓子を用意した方が良いか迷う方もいるかと思います。産休に入る場合、必ずしも菓子を配る必要はありません。大事なことは、みんなに合わせることです。通常、産休に入る時に挨拶と一緒に菓子を配る習慣があれば、あなたも同じようにした方が良いですし、こういった習慣がないのでしたらあなたも産休の挨拶の際に菓子を用意する必要はないかもしれません。

しかしながら、良く分からないようなら、ここは産休の菓子を用意することをお勧めします。理由は、あなたがいない間、少なからず周囲の人に負担がかかることが考えられるからです。こういったことへの気遣いをしている方が、あなたの印象は良くなります。それに、あなたが職場復帰した時も、スムーズに入りやすくなります。

産休明けに菓子は必要か

また、産休明けについてですが、こちらも社内の習慣に合わせるのが一番ですが、できれば菓子を配ることをお勧めします。赤ちゃんがいると、思いがけないことで会社を休むことも出てくるかもしれませんし、迷惑をかけることもあるかもしれません。予め、気遣いが感じられる行為をしていれば、こういったピンチの時も周囲の人が気持よく受け入れてくれることでしょう。

この場合も、どこでも購入できるような菓子は避けて、きちんとした菓子を用意するのが好感をよりあげるコツです。「今までありがとう……」。そんな気持ちを込めて、ありがとうのお菓子を用意するのもお勧めです。気持ちがダイレクトに伝わりますので、より印象アップも期待できるかもしれません。配るのは、仕事が始まる前。朝一で配るのがお勧めです。

産休の挨拶についてのポイント

産休の挨拶は、少し余裕を持って早めに行いましょう。思いがけないことが出てくることもありますので、早めに行った方が安心です。挨拶する順番は、まず直属の上司に。次に、同僚や自分の部下などお世話になっている人に行うようにすると良いでしょう。その後に、必要だと思う人にしてみてください。また、会社以外の方への産休の挨拶についてですが、こちらは後任者と一緒にするのがお勧めです。特に、大切だと思う相手から先にするのがお勧めなのですが、色々な事情もあるでしょうから、臨機応変に進めていくのも良いかもしれません。

そして、産休前の最後の出勤日に、社内で一人一人に産休の挨拶をしながら菓子を配ります。予め上の人に相談して、許可を得ておくと更に安心。ランチタイムでも休憩時間でも良いので、配りやすいと思う時に配ってください。

みなとやトップへ

みなとやショッピングサイトのトップページへ戻ります。
煎餅・豆・プチギフト菓子は「みなとや」にお任せ下さい。

関連記事

オススメ記事