楽屋お見舞いの差し入れに心を込めたお菓子を

楽屋お見舞いの差し入れに心を込めたお菓子を

楽屋への差し入れにお勧めしたいお菓子とは

舞台や観劇、コンサートなど、楽屋に挨拶に行く際に、何か美味しいお菓子を差し入れしたいとお考えの方も多いと思います。洋菓子や和菓子など色々なお菓子がありますが、せっかく贈り物をするなら、受け取った方が喜んでくれるものを用意したい。好物のお菓子も選ぶのも良いでしょう。是非、楽屋の方がみんなで楽しめるものを選んで頂きたいと思います。ですから、購入する時は数が不足しないように余裕をもって数を多めに用意するのがお勧めです。みんなに行き渡らないと、どうしても食べづらくなってしまうからです。可能であれば、予めどれくらいの人数がいるのか確認しておいても良いかもしれません。

また、楽屋お見舞いの為のお菓子選びには、他にも気を付けておきたいことがあります。それは、手間をかけずに食べられる食べやすいものであることと、手や口元を汚す心配がないものであること。そして、ある程度日持ちするものを選ぶということです。食べる際にカットしたり、あれこれ道具を用意したりしなければならないものや、後片付けに手間がかかるようなものはあまり向いているとは言えません。それよりも、つまみやすいものや口に運びやすいものがお勧めです。個別包装されているものであれば、配りやすいですし食べやすいといった良さがあります。それに、食べられなかった時は持ち帰ることもできます。また、持ち帰る時に楽であるという点では、ずっしりと重いものよりも軽めのものの方が良いかもしれません。

これらをまとめると、楽屋お見舞いや差し入れをする時は、日持ちがするもので小分けされているもの。そして、食べやすく指や口を汚す心配がないものがお勧めと言えます。また、不足しないように用意する数に注意することが大事です。
楽屋お見舞いにはインパクトのあるものを贈ろう

お菓子を受け取った方が箱を開けた時、想像していなかったサプライズを見つけたら、更に嬉しく思ってくれるのではないでしょうか。みなとやでは、煎餅に直接文字を入れることがでできます。舞台名を入れたり、日付を入れたりすることももちろんできますので、よりオリジナリティのある記憶に残る素敵な差し入れを用意することができます。さりげなく、且つ力強いエールをおくることができるのではないでしょうか。相手の方に、きっと気持ちも伝わることでしょう。

また、楽屋お見舞いや差し入れにお煎餅をお勧めしたい理由は他にもあります。お煎餅であれば、一枚ずつ個別包装されていて配りやすく食べやすいですし、日持ちするので傷む心配もありません。常温で保管することができますし、季節を問わず安心して食べることもできます。それに、それほど重くありませんので持ち帰る時も楽です。甘いものが苦手な方も中にはいるかもしれませんが、お煎餅なら誰でも食べることができるでしょう。

他にも、可愛らしくて縁起の良い「招き猫チョコ」や「福だるま」もあります。どちらも小さくて食べやすく手を汚す心配もありません。また、オリジナルシールを付けることができますので、公演名や日付を記載してみてはいかがでしょうか。こちらも、心のこもった特別なプレゼントができます。
楽屋お見舞いの熨斗について

熨斗は、紅白の蝶結びの水引が付いているものを選んでください。表書きは、「御部屋見舞」または「楽屋見舞い」とすると良いでしょう。

また楽屋お見舞いをする時は、どんなに仲が良い間柄であっても大きな声で騒ぐのは良くありません。そして、相手に差し入れを渡すことができたら、早めに帰るようにするのがマナーです。だからこそ、気持ちがちゃんと伝わるようなお菓子を贈って頂きたいと思います。

関連記事