【退職挨拶(あいさつ)メール文例10-15】

OLさんのための退職挨拶メール文例集

《メールで退職挨拶するときのHOW TO》

【退職挨拶(あいさつ)メール文例10】送別会開催のお礼をしつつ退職挨拶

社内の皆様へ

いつもお世話になります。

先日は送別会を開催して頂き、ありがとうございました。最後の大変楽しい思い出となりました。

送別会の挨拶ではうまくお伝えできませんでしたが、今まで何とか責務を果たすことができたのも、皆様のお陰だと思っております。

また、今までの経験を活かして、次のステップに進んで行きたいと思います。

最後に、皆様もお体だけはご自愛ください。

今まで、本当にお世話になりました。

【退職挨拶(あいさつ)メール文例11】送別会開催のお礼をしつつ退職挨拶

社員の皆様へ

平素より目を掛けて頂き、ありがとうございます。

先日は盛大な送別会を開催頂き、大変恐縮致しております。最後の楽しいひと時を過させて頂き、心より感謝を申し上げます。

またその際には、素晴しい記念品も頂き、一生の記念品として長くご厚意を胸に刻ませて頂きました。

送別会でのお別れの挨拶と重複致しますが、皆様方の温かいお力添えがあったからこそ、今までの充実した会社生活を送ることができました。

今までに得た貴重な経験を活かして、今後の人生を歩んでまいりたいと思う次第でございます。

末筆ではございますが、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げて、お別れの挨拶とさせて頂きます。

【退職挨拶(あいさつ)メール文例12】取引先の担当者への退職挨拶

拝啓 ○○の候、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

この度、私は一身上の都合により、退職させて頂くことに致しました。

入社して×年の月日が経ちましたが、今まで業務を何とかこなしてこられたのも、ひとえに皆様のお陰だと思っております。

また、各社様には私の不手際もあり、大変なご迷惑および無理を申し付けさせて頂いたことを大変申し訳なく思っている次第でございます。その際は、多大なるご協力を頂き、無事目標を達成することができたことを、心より大変感謝致しております。

今後は、××関連の会社に勤めさせて頂くこととなりましので、また何かお世話になることもあるかも知れませんので、そのときは宜しくお願い申し上げます。

末筆ではございますが、改めて皆様の長年のご厚情に深謝すると共に、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

敬具

平成・年・月・日

reibunbanner

【退職挨拶(あいさつ)メール文例13】万能1(ある個人へ)

親愛なる○○様へ

お疲れ様です。

先日お話したとおり、退職について上長と相談した結果、予定通り×月末を最終出勤として、退職が決定致しました。

あなたと知り合ってから×年の月日が経ちましたが、今まで何とか困難を乗り越えられたのも、○○様のお陰だと信じております。

いつも困ったときやトラブルが生じたときも、迅速な対応と的確なアドバイスを頂いたことが、私の宝となっております。

来週末に送別会を開催して頂くことになっておりますが、その際はあまり気を使わないで頂ければ助かります。

逆に、今後も個人的に一緒に飲みに行かせて頂ければ幸いです。

まずは退職の挨拶までですが、今まで本当にありがとうございました。

○○ ○○

090-****-****

【退職挨拶(あいさつ)メール文例14】万能2(エピソード含む)

チームの皆様へ

お疲れ様でございます。

この度は一身上の都合により、退職することとなりました。

これも皆様方の温かいお力添えがあったからこそ、今までの充実した会社生活を送ることができたと大変感謝しております。

特に、プロジェクトにおいては、想定よりも良い結果となり、当社の業績向上への貢献および学会での論文発表をさせて頂いたことは、自分自身の大きな財産となりました。

今までに得た貴重な経験を活かして、今後の人生を歩んでまいりたいと思っております。

末筆ではございますが、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げて、お別れの挨拶とさせて頂きます。

大変お世話になり、本当にありがとうございました。

○○ ○○

平成・年・月・日

【退職挨拶(あいさつ)メール文例15】万能3(自分の思い)

拝啓 ○○の候、皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

この度、私は一身上の都合により、退職させて頂くことに致しました。

入社して×年の月日が経ちましたが、今まで職務を迷惑をお掛けしながらも何とかこなしてこられたのも、ひとえに皆様のお陰だと思っており、大変感謝しております。

また、皆様にはお忙しい中、至らぬ私のためにご指導を頂き、大過なく勤めさせて頂いたことを大変感謝しております。

ただ、現在進めているプロジェクトに今後参加できないと思うと、非常に辛い思いでおります。是非、今後も実績を積み重ね、成功を収めて頂くことを影ながら応援しております。

今までの貴重な経験を、今後の人生に活かして行きたいと誓う次第でございます。

末筆ではございますが、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げて、最後の挨拶に代えさせて頂きます。

敬具

平成・年・月・日

reibunbanner

みなとやトップへ

みなとやショッピングサイトのトップページへ戻ります。
煎餅・豆・プチギフト菓子は「みなとや」にお任せ下さい。

関連記事

オススメ記事