保育園転園のタイミングと転園までのTODOリスト!

保育園転園時の注意点

「引っ越しをすることになった」、「今通っている保育園は、自宅から遠いので近くの保育園に替えたい」、「認可保育園に落ちてしまい希望の保育園に通えていない」、「兄弟同じ保育園に預けたい」などさまざまな事情から保育園を転園したいと考えている方もいることでしょう。

保育園を転園する際、どのようなことに注意すればよいでのしょうか?ここでは、保育園を転園することが可能なのか、またその際に必要な手続きはどのようなものなのか見ていきたいと思います。

自治体により審査基準や転園方法が異なる

自治体によっては、保育園を転園する事由として、転居、兄弟転園希望、やむを得ず自宅から遠い保育園に通っているといった制限を設けている場合もあるので、注意が必要です。ご自身がお住まいの自治体の保育園入園案内で、事前に確認しておくとよいでしょう。

子どものケアをしてあげる

大人でも新しい環境に馴染むまでに、精神的に不安になる場合もありますよね。子どもにとっても同じです。一般的に、年齢が低いほど環境の変化を受け入れやすいと考えられますが、今まで慣れ親しんだ先生やお友達と別れて、新たな保育園で長い時間を過ごすことになるのは、たとえ口に出さなくても不安に感じているかもしれません。

なぜ転園し、いつから新しい保育園にいくのかを説明し、子どもの心のケアを怠らないようにしましょう。親が不安に感じていると、それが子どもにも伝わってしまいます。可能であれば、事前に新しい保育園の見学に訪れてみるなど、親子ともども不安を少しでも和らげることができるといいですね。

 

転園をして後悔した家庭は多い

仕事の都合などによる転居を伴う転園は、やむを得ない場合もありますが、さまざまな事情で転園した方の中には、子どもがなかなか新しい保育園に行きたがらず、転園をして後悔されるご家庭もあります。行きたがらない理由は、新しい先生との相性や、今まで通っていた保育園とルールが違いすぎて混乱する、新しいお友達とコミュニケーションがとれないなど、さまざまな理由があることでしょう。

子どもは大人に比べて順応性が高いとはいうものの、その子の特性によっては、新しい環境に慣れるまでに時間がかかり、それまでは親も子どもも大変だということをある程度覚悟しておいたほうがよいかもしれません。保育園の先生方には、心配な部分や気をつけてほしい点などをあらかじめ伝えておくと安心ですね。

 

転園が難しい場合がある

保育の定員をオーバーしているといった場合や、年度末の3月は転園の申し込みを受け付けていないなど、いつでも転園できるとは限りません。また待機児童の多い地域では、転園を希望しても認められないケースもありますので、早めに自治体に確認するなど情報収集をしておきましょう。

万が一、転園できなかった場合の対策を立てておくことも必要です。転居に伴う転園で、新たな認可保育園の入園ができない場合には、認可外保育園を探したり、地域の保育サービスなどを上手に活用することなども検討しておきましょう。

保育園転園のTODOリスト!

「アイスランドポピーの花壇を見に来女の子の後ろ姿」の写真[モデル:あんじゅ]これさえ行っておけば安心!保育園を転園することになったときの手続きや注意点などTODOリストをご紹介します。

新しい保育園の見学を行う

子どもが保育園で過ごす時間は長いです。希望する転園先の保育園に見学に行き、保育時間、延長保育の有無、保育士・職員の質、緊急時の対応、アレルギー対応をしているか、子どもたちが楽しそうに過ごしているのか、園舎は安全で清潔さが保たれているかなど事前に確認しましょう。

すべてが希望通りの保育園にめぐりあうのはなかなか大変だとは思いますが、親子ともども通ってよかったと思える園に出会えるといいですね。

転入の申請手続きを行う

転園希望先が転園を受け付けている場合は、転入の申請手続きを行い、入園許可をもらいます。

転居を伴う転園の場合には、転居を証明する書類や手続きも必要になってきます。しかし、入園申し込みの時点で住民票の異動手続きをしていない場合、申込み自体が出来ないケースもあるため注意が必要です。たとえ申し込みができたとしても選考において不利にならないか確認しておくとよいでしょう。

保育園に転園を伝える

今までお世話になった保育園に、転居のため退園し、他の園に転園する旨を伝えます。

引越し日の確定と退園届けの提出 

引越し日をあらかじめ決めて、今まで通っていた保育園に退園届を提出します。認可保育園の場合は、それぞれの自治体に「転園申請書」などの必要書類を提出して手続きします。認可外保育園の場合は、直接それぞれの施設に必要書類を提出して手続きしますが、待機児童が多い自治体の場合、認可外保育園でも自治体が申し込みを受け付けていることもあるので、事前にどこで何の手続きをすべきかについて確認しておいたほうがよいでしょう。

準備は何日前から?保育園転園のタイミング

「卓上カレンダーのチェックマーク」の写真仕事の都合で引っ越しをする場合、何か月も前から転勤先がわかることは難しいものですが、引っ越し先の住所が決まったら、スムーズに転園できるよう早めに情報集めや手続きの準備を始めましょう。自治体や施設によっては手順が異なる場合があるので、自治体や通園する保育園に転園方法の詳細を確認しておくと安心です。

保育園の転園時には感謝の伝わるプチギフトを

 転園先が決まると準備に追われて忙しくなりますが、
保育園の先生方やお友達には、今までお世話になった感謝の気持ちが伝わるプチギフトをプレゼントしてみませんか。

また、新しくお世話になる保育園の先生方にも、ご挨拶ギフトを贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

「みなとや」ではそんな時にピッタリのプチギフトを多数取りそろえています。

伝えたいメッセージや名前をお煎餅に入れることができて、気持ちを伝えるこができますよ。
WEBでのネット販売も行っているので、遠方にお住まいの方でも購入することが可能。

即納対応で、最短で翌日に受け取ることができる商品もあるので、お急ぎの方にも便利です。

オリジナルメッセージ煎餅でオンリーワンの記念品に

あなたの言葉を伝えます。転園の挨拶のメッセージを伝えましょう。

お煎餅にオリジナルの文字とお名前を入れることができます。

例えば一行目に「いままでありがとう!」や「お世話になりました!」等を入れて、
二行目にお名前やを入れてお菓子の引き出物(プチギフト)としてお配りするのはいかがでしょうか。

オリジナルの一点ものですので他にはない感動をお渡しすることができます。

みなとやトップへ

みなとやショッピングサイトのトップページへ戻ります。
煎餅・豆・プチギフト菓子は「みなとや」にお任せ下さい。

関連記事