●総付景品とは?オススメは「みなとや」のお菓子です!

総付景品は選び方がむずかしい?

開店の記念品、販売促進目的や感謝の気持ちをこめての品など、総付景品にふさわしい品をお探しでいらっしゃいませんか?

今回は、総付景品を選ぶ際のポイントと、総付景品にオススメな「みなとや」自慢のお菓子をご紹介いたします!

総付景品とは?

総付景品とは

総付 (そうづけ) 景品とは、集客目的などで、抽選によらず、一定の条件をクリアした人全員に配布提供する品のことです。来店してくれたお客様に先着何名まで粗品を無料配布、などのキャンペーンに覚えはございませんか?

法律

総付景品を考える際に一番気をつけなければならないことは、景品表示法に違反していないかどうかです。この法律は消費者庁により定められている法律で、消費者や景品につられて不要な品や粗悪な品や予算を超える品などを購入させられてしまうことを防ぐために定められました。独占禁止法の中で特例として規制されます。

景品表示法では「一般懸賞」「共同懸賞」「総付景品」の3種類の景品について価格や種類などの制限が決められているので、抵触していないか確認しながら総付景品を探しましょう。

景品表示法に違反した場合、罰より先に内容や表示の撤回修正を命じる措置命令が出されるのですが、なんと企業名と共に命令の内容が消費者庁のHPに公開されてしまいます。企業としては消費者の信頼を失うということは非常に手痛いダメージになりますので、違反していないか逐一確認しましょう。

金額

総付景品は、景品一つあたりにかけてよい金額が決められています。1,000円未満の取引なら200円まで、1,000円以上の取引なら取引額の2割までが限度額です。

景品表示法の計算

総付景品を市販品にする場合は、割引で仕入れたとしても通常の価格で景品表示法の計算をしなければなりません。取引額については税込みで考えます。

総付景品の景品表示法違反が疑われた際には、措置命令が下される前に弁明の余地が与えられます。説明を求められたときのために備えて、価格計算にあたって参考にしたり作成したりした資料は保管しておきましょう。

種類

総付景品としてよい品も種類や用途が決められています。菓子類、酒以外の飲料、トイレットペーパーなどの日用雑貨、来店ポイントの4種類です。パチンコ店やゲームセンターなどは、玉やメダルの交換用景品と総付景品を分かりやすく明確に区別することも求められます。

また、来店ポイント付与と現物の景品配布が被る場合は、合計を限度額内に収めることができるようにしなければなりません。

困ったときは

例えば、キャッシュバックキャンペーンや、同一の商品をまとめて買うともう一個同じ商品が無料でついてくるというケースは総付景品に該当しませんが、雑誌の付録は総付景品に該当するため規制対象です。

細かく各条件について考慮しなければならないためややこしいのですがとても大切なことですので、よくわからなくなったら詳しい人に確認してもらいましょう。

総付景品に最適! 「みなとや」のお菓子

総付景品は少額の品を詰め合わせたものも総額が限度額を超えていなければ問題ありません。しかし、市販品から詰め合わせでもいまいち目新しさに欠ける傾向にあります。そこで、老舗菓子店「みなとや」のお菓子をオススメいたします!

雑誌やテレビなどメディアにもご紹介いただく確かな伝統の味とかゆいところに手が届くサービスが自慢でございます。もちろん、お菓子ですから価格さえ合わせれば、景品表示法もクリアです!

メッセージプリントお菓子

ロゴやイラストをプリントしたオリジナルデザインのお菓子をつくることができます! メッセージを画像でご用意いただければ、オリジナルメッセージが入ったお菓子もとても簡単に作成可能でございます。なかなか見ないプリントお菓子で、お客様に印象をしっかり焼き付けましょう!

かわいい形のお菓子

ハートマークや縁起物など、かわいらしく印象的な形をしたお菓子もたくさんございます。

総付景品のお菓子なら「みなとや」におまかせ!

すでに店舗に通ってくださっているお客様はもちろん大切でございますが、やはり未開拓な新規のお客様の目に留まりたいものです。総付景品にはぜひ、オリジナリティ溢れる「みなとや」のお菓子を。プリントお菓子は小ロットからご注文可能です!

関連記事