コロナ禍でもできる卒団式のアイデアまとめ!みんなは今、どうしてる?

コロナ禍での卒団式。みんなはどうしてる?

少年スポーツ団やクラブチームに所属する子どもたちの、新たな門出をお祝いする卒団式。いつもは活動しているグラウンドで紅白戦を行ったり、飲食店を貸し切って会を開いたりしていても、コロナ禍となるとなかなか難しいものですよね…。

そこで、今回はコロナ禍でもできる卒団式のアイデアを紹介していきます。また、卒団式だけでなく、卒部式や引退式、3年生を送る会などにも使えるアイデアとなっていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

よくある卒団式の流れや事例

ここでは卒団式の一般的な流れや、アイデアの事例を紹介していきます。コロナ禍での可否や対策についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

紅白戦

6年生vs低学年、6年生vs新6年生、6年生vs保護者、6年生vsOB、6年生vsコーチ陣など、6年生を中心に、さまざまな組み合わせでお別れ試合を行うのが紅白戦です。紅白戦を通して、保護者たちは子どもたちの成長した姿を実感できるため、卒団式のプログラムとしてはよく行われています。

コロナ対策としては、3密を避けるため、なるべく広い体育館や屋外のグラウンドで紅白戦を行うのがおすすめです。

炊き出し

卒団式の会場がいつものグラウンドや地域の集会所である場合、参加者におなかを満たしてもらおうと、保護者たちで炊き出しをすることがあります。集会所の調理室を借りるか、グラウンドの脇でガスコンロを用意して調理を行い、食材は各家庭で買って持ち寄るのが通例です。

しかし、マスクを外して食事を行う点や、食事の受け渡しで人と人との距離が近くなりやすい点から、コロナ禍の現在での開催は難しいと考えられます。

6年生やコーチからの挨拶

卒団式では6年生ひとりひとりが下級生や保護者、コーチに対して挨拶をすることもあります。セレモニーを用意してくれたことへのお礼、入団から今までの思い出をふり返ってのお礼の言葉、各個人の成長やチームの成長を願う下級生への激励の言葉など、ひとりひとりに伝えたいことを話してもらいます。

また、最後にコーチから6年生に対して、これまでの努力をねぎらい、新たな門出に向けて激励する言葉を送ってもらうことでより感動的な卒団式になるはずです。

挨拶を行う場合には、人と人との距離を開けて3密を避ける、またマスクをしたまま手短に話すことでコロナ対策ができます。

飲食店や会場を貸切にしたセレモニー

飲食店やパーティー会場を貸し切りにした、卒団式のセレモニーの実施もしばしばあります。その場合、セレモニーの料理は会場側で用意されることがほとんどで、保護者の負担が少ない点が評価されています。

また、会場にDVDプロジェクターなどが揃っている場合、子どもたちの活動時の写真や動画を編集したムービーを上映することもあるようです。スローテンポでしっとりする曲をムービーのバックに流せば、より感動的な雰囲気を作り出せるでしょう。

飲食店や会場でセレモニーを行う場合、食事時にはマスクを外すことが懸念点として挙げられます。しかし、政府のガイドラインに沿って厳密にコロナ対策を行っている会場であれば、参加者たちも安心して参加できそうです。

コロナ禍の今実施できる卒団式アイデア5選!

ここまでは卒団式の一般的な流れや事例を紹介しましたが、コロナ禍では実施が難しいものも多いですよね。そこでここからは、コロナ禍の今でも実施できる卒団式のアイデアを5つ紹介します。

セレモニーができない分、卒団記念品を豪華に

コロナ禍の今、飲食店やパーティー会場を貸切って、豪華なセレモニーを行うことが難しくなっています。しかし、せっかくの卒団という門出を盛大にお祝いしたいという気持ちはきっとあるでしょう。そこでおすすめなのが、卒団記念品を豪華にするというアイデアです。

野球やサッカー、バスケットボールなどの球技を行うチームにおすすめなのが、ボールのデザインがプリントされたみなとやの煎餅です。みなとやのボール煎餅であれば、バレーボールやラグビーボール、テニスボールをはじめとした9種類のボールデザインから選ぶことができます。

自分たちが今まで頑張ってきた、球技にちなんだ煎餅をプレゼントすると、卒業生たちはきっと喜んでくれることでしょう。

▼ボール煎餅 のご購入はこちらから

 

スポーツシーンで気持ちを伝えたい方々に、さりげなく色々な気持ちを伝えることができる商品もご用意しております。せんべいの表面に、スポーツをモチーフにしたイラストと団員を応援する「完全燃焼」や、「お疲れ様」などの文字を入れることができます!

言葉が書かれたお煎餅を受け取れば、しっかりと気持ちが伝わり、思い出に残ること間違いなしです。

部活の卒団式引退式だけでなく、スポーツイベント、スポーツ応援差し入れや、3年生を送る会でのギフト等でも活躍する商品ですので、ぜひご検討くださいませ。

イラストの絵柄やどのような文字が入れられるかは、下記ページよりご確認ください。

▼スポーツシーンで気持ちを伝えるお煎餅プチギフト のご購入はこちらから

思い出に残る色紙や動画を用意する

後輩、保護者たちに事前に協力してもらい、色紙にメッセージを寄せてもらうアイデアはコロナ禍でも実行できそうです。また、これまでの練習風景を収めた写真や動画を編集してひとつのムービーを作成し、LINEやメールなどで関係者に共有する方法もおすすめです。

 

卒業生からは何を準備するの?

卒団にあたっては、卒業生からコーチや保護者、後輩たちへ感謝の気持ちを伝えることもあるでしょう。コロナ禍では、一堂に会して気持ちを伝え合うことは難しいため、やはり記念品を送り合うアイデアが最適と考えられます。

なかでも、形に残りにくい点と感謝の気持ちをしっかり伝えられる点でいくと、「ありがとう」とプリントされたお菓子がおすすめです。みなとやでは煎餅からクッキー、マシュマロから飴まで、さまざまな種類の「ありがとう」お菓子を用意しています。お菓子は個包装になっているため配りやすく、感染のリスクも極力抑えられますね。

▼「ありがとう」お菓子 のご購入はこちらから

関連記事