大切なペットとのお別れ。「ありがとう」の気持ちで最後にしてあげられること

次々によみがえってくるペットとの思い出。一緒に暮らしてきた時間のなかでは、たくさんの思い出を残してくれましたよね。

お別れの時がきても哀しんでばかりでは、きっとペット達も安心して虹の橋を渡ることができません。

「今までありがとう」の気持ちをこめて、私達がペットにできる最後のお別れをしてあげましょう。

ペットが亡くなった後に行うこと

家族の一員であるペットが亡くなったら、どうすれば良いのか不安になりますよね。ペット葬儀は行うの?どこへ連絡すればいいの?など、哀しいのに考えなければならないことがたくさん待っています。

ペット葬儀を行う

亡くなったペットの葬儀を行う人は、ペットを飼っている人の全体の6割ほどです。ペットといっても、犬や猫、ウサギやハムスター、鳥などの小動物までさまざまな種類のペットがいますが、葬儀を行うのは犬や猫などを飼っている人に多く見られます。

葬儀には、飼い主が亡くなったペットを寺院や葬儀会社へ連れて行って執り行う葬儀と、自宅へ移動火葬車が訪問して行われる葬儀があります。寺院で葬儀を行いたくても、諸事情でどうしても難しいときにはペットを迎えにきてもらいましょう。個別火葬であれば、火葬後に遺骨を届けてもらうことも可能です。

移動火葬車は、周りに迷惑がかからない場所まで移動して、ペットを火葬したあとに自宅まで戻って遺骨を届けてくれます。費用は葬儀会社によりさまざまですが、平均して20,000〜40,000円ほどは必要です。ペットの種類や大きさによっても違いがあります。

どちらの葬儀にするかを決めたら、まずは葬儀会社へ連絡です。

葬儀の詳細(個別火葬か合同火葬、プラン)を取り決めたら、読経、焼香、火葬(遺骨を持ち帰りたい場合は個別火葬)、支払いとなります。

※合同火葬を選ばれた場合は、他の動物達と一緒に火葬されるため、遺骨は受けとれません。合同火葬では、遺骨は協同墓地に埋葬されます。

 

また飼い犬が亡くなった場合は、「狂犬病予防」の理由から市町村役場への届け出が必要すので忘れないようにしましょう。
犬以外は必要ありません。

葬儀を行う場合は、ペットの入る大きさのダンボールなどを用意して、ペットシートを敷いておきます。死後2時間ほどで硬直してしまうため、動く間に体を整えてあげてください。足を伸ばして楽な態勢に、目と口元も閉じます。目元には瞳と同じ大きさに折ったティッシュを、閉じた瞼の上においてあげるときちんと閉じたままになります。

季節や気候にもよりますが、腐敗防止のために冷房のきいた涼しい部屋に連れていき、ペットの周りには保冷剤やドライアイスなどを置いておきましょう。きれいな花でいっぱいに飾ってあげたり、好物だった餌やおやつを一緒に入れてあげると、ペットもきっと喜んでくれますね。

お世話になった動物病院・知人にをお礼をする

ペットが亡くなったら、生前お世話になった動物病院や、いつも可愛がってくれていた知人にも連絡やお礼をしたいと考える方もいらっしゃるでしょう。「ありがとう」の気持ちをお世話になった皆さんに伝えるのであれば、みなとやのせんべいがぴったりです。

かわいい猫ちゃんモチーフの「にゃんべい」

猫モチーフのスイーツなどは色々とありますが、こちらの”にゃんべい”は当店オリジナルの商品です。

老舗・伝統の味で、老若男女どなたにもおいしく召し上がっていただけますし、
にっこり笑顔のせんべいを見ると、あたたかな気持ちになれますよね。

▼にゃんべい のご購入はこちらから

福を呼ぶ犬型モチーフの「わんべい」

みなとやの動物せんべいシリーズの中でも犬(イヌ)好きな方に向けた犬モチーフの「わんべい」はお世話になった動物病院や知人の方へのお礼の品として、多くのお客様に選ばれています。

煎餅ですので、甘いものが苦手な方にもおいしく召し上がっていただけますよ。

▼わんべい のご購入はこちらから

みなとやでしか買えない「ことりせん」

小鳥を飼われていた方はみなとやのことりせんはいかがでしょうか?

ことり好きさんへのプレゼントや、お悔やみの品として多くのお客様に選ばれている商品です。こんなにかわいいお煎餅を贈られたら、相手の方も思わずほっこりと笑顔になってしまうでしょう。

▼ことりせん のご購入はこちらから

 

他にも「ありがとう」の文字が書かれたおせんべいや、
メッセージや熨斗(のし)も付けられますのでご相談ください。

箱物だけでなく気持ちを伝える言葉煎餅と動物せんべいを組み合わせた
ちょっとしたプチギフトもご用意しております。

 

また、みなとやでは、可愛いおせんべいを購入してもらった金額の一部は、
地域猫活動や他の支援に充てて、役立てていただいています。

ペットロスが深刻にならないように注意する

長年一緒に暮らしてきた大切なペット達。人間の数倍の早さで年を重ねていくペットとは、いつかお別れの日が来ると覚悟はしていたはず。しかし、いざその日が訪れると、哀しみばかりでペットロスになってしまう方も多いようです。

ペットロスとはあまりの寂しさと哀しさのために、心の病気や身体的にも病気を患ってしまう状態です。気持ちが落ち込み、食事をとることもできなくなったり、亡くなったペットを思い出しては涙があふれだしたりと、ペットの死をなかなか受け入れられずに深い哀しみの中に引き込もってしまいます。

家族の一員として暮らしてきたペットが亡くなれば、誰もがペットロスを経験するでしょう。好物だったものを見ては自然に涙が流れ、いつもいるはずの場所にペットがいないと孤独感と罪悪感に押しつぶされそうになり、何もする気がなくなってしまう。ペットロスが重くなると食事もとれず、睡眠障害や体調不良、悪化すると鬱や心臓病などの重大な病気を併発してしまう場合もあるのです。

ペットロスで辛いときには、その思いをひとりで抱え込まずに誰かに話してください。ペットを飼っている人、亡くした人ならば必ず、気持ちに寄り添ってくれるはずです。哀しいときには思い切り泣いて、心の中に辛い思いを閉じ込めず、少しずつペットとのお別れを受け入れていきましょう。ペット葬儀を行うのも、部屋の一角にペットの写真や位牌を置いて供養してあげるのも、心と気持ちの整理をしていくひとつの方法になります。

逆に家族や知人にペットロスの方がいたら、「ペットが死んだくらいで…」とは思わずに、亡くなったペットの話を聞いてあげてください。

まとめ

ペットとのお別れは、人生のなかでとても辛い体験です。ペットロスで気持ちもふさぎ込み、元の自分に戻るまでには、かなりの時間がかかってしまうかもしれません。ペットと過ごした時間は宝物です。そんなに簡単に忘れられるわけがありませんよね。

しかし、ペットも安心して眠れるように「今まで一緒に過ごしてくれてありがとう」の気持ちをこめて送り出してあげましょう。哀しい気持ちから少しずつ、楽しかった想い出やかわいらしいエピソードなどを思い出して、みなとやの「福々どうぶつせんべい」のような笑顔が1日も早く戻りますように。

大切なペットとのお別れでみなとやの商品をご購入いただいたお客様の声

ペットロスが少しでも和らぎ嬉しく思います

ペットロス気味だった義妹に、「わんべい」を贈ったら、
かわいい!かわいい!と泣きながら食べていましたが最後には笑っていました。

動物病院への差し入れでご購入される方もたくさんいらっしゃいます

お世話になっている動物病院への差し入れと、友達へのお土産に購入しました。

とても喜んでいただけました。味見用に1枚購入して食べましたがすごく美味しかったです!!

”七福にゃんべい”とても可愛くて大満足です!愛猫がお世話になった動物病院のスタッフの方々にお礼の品として利用させていただきました。

ほっこりしていただけなかなー?

愛犬達がお世話になった病院の先生が退職されることになり、何かいいものはないか?と探していた時に、みなとやさなんを見つけました。愛犬達に似たおせんべいと「ありがとう」「お世話になりました」のメッセージお煎餅でお礼を伝えることができました。ありがとうございました!

お世話になっている動物病院にお歳暮で送らせていただきました。「可愛くて食べられない」「穴が開くまで愛でてから食べる」と言ってもらえました。

私たちも購入させて頂きました。甘しょっぱくて美味しかったです。また知り合いの方に贈らせて頂こうと思っています。本当にありがとうございました。

関連記事